FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

While there is life, there is hope

デパートをうろついていたら、懐かしい人に遭遇した。
小柄なれど、ご主人が立ち上げたツアー会社をひとりできりもりしている女性だ。
もうずいぶん会っていなかったが、子供たちもすっかり大きくなったという。
ビジネスのほうも順調で、「ハイシーズンは休みなし。もう忙しくてクタクタ」
と笑っていた。

幸せそうだ。6年前の津波でご主人が亡くなった時、
彼女は細い肩をふるわせて悲しみに耐えていた。
それから本格的にご主人の残した事業を引き継ぎ、しっかり守ってきたのだ。
今も相変わらずほっそりしているが、その表情はたくましい。

みんなあまりにも普通に、淡々としているので忘れてしまうが、
身近にも、あの時つらい経験をした人は多い。ヤシの木にしがみついて命拾いした人、
車から商品から流されてしまった人。うちのお向かいさんだって、
ゴールドショップの商品がたくさん行方不明になったといっていた。

この島の復興は早かった。寄付金や政府の援助が、絶望した人たちを助けた。
銀行の支援が、事業主たちを救った。親を亡くした子供たちも、
学業を続けることができた。

悲しみはいつまでも続かない。
この事実が、たとえ少しでも、
今まさにつらい思いをしている人たちの励みになればと願う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pukeyome

Author:pukeyome
ぷけ嫁
結婚のため2000年末から定住。翌年からネットで「ぷーけっと嫁 入り日記」開始。犬猫に囲まれた南国インドアライフを満喫中。このブログはプーケット無料日本語ガイド・プーケットウォークに連載中の特別バージョンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。