FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全二の次?南国の建築現場

斜め前の邸宅で大がかりな改築が始まった。築15年だが、その半分くらいは空き家
となっていたため傷みも激しかったようだ。外壁などもシミだらけだったが、デザインが
古き良きプーケットらしい中国ポルトガル様式のためか、ペンキを塗り替えただけで
大変身、グンと見栄えがよくなった。

この2週間ほどは、広い庭にショベルカーが2台も入り、すべての木を引っこ抜いて
いった。私のパソコンルームが邸宅に面しているため、ついぼんやりと眺めてしまうの
だが、こちらの建築現場の様子にはいつも驚かされる。

まず、作業員のヘルメット着用率はゼロ。よくみていると、作業員がタバコをふかす
1メートル先で、ショベルカーが首をふっている。そもそも、なんだか知らないけど
ショベルカーの周りにはいつも8人くらいの作業員がたむろしているから不思議だ。

一度など、首の根元のところに作業員がひとり、ゴロンと横になっていて驚愕した。
しかし、こっちのショベルカー・オペレーターもなかなか優秀のようで、実に器用に
植木を根元から持ち上げたり、大きな岩を移動させたりしている。
もちろん、周りでうろつく作業員たちを避けながら。

このあたりのスキルは、先進国だとなかなか身に付かないのではないだろうか。
次に、作業員が「ゴムぞうり姿」というのも違和感だ。みんなランニングに短パン、
時には裸足で果敢に電気ドリルを操っていたりする。作業が屋外になる場合は、
これに麦わら帽子が加わることも。

こうしてみると、建築現場で注意すべき点は事故によるけがなどではなく、
あくまでも「暑さ」なんだな、と思う。
このように実にゆるゆるとした現場だが、先日は作業員1人が松葉杖をついていた。
仕事中に負傷したのかもしれない。あれじゃ大けがしたって不思議じゃないもんな。
邸宅のオウナーが知人ということもあり、最初のころはよく室内をみにいったりも
したのだが、建機が出入りするようになってからは控えている。
ここじゃすべてが自己責任。
ぼーっとしつつもツボだけは抑えとくのが、南国で平和に暮らすコツではないだろうか。
スポンサーサイト
プロフィール

pukeyome

Author:pukeyome
ぷけ嫁
結婚のため2000年末から定住。翌年からネットで「ぷーけっと嫁 入り日記」開始。犬猫に囲まれた南国インドアライフを満喫中。このブログはプーケット無料日本語ガイド・プーケットウォークに連載中の特別バージョンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。