FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なるタトゥー

夫の友人が手の甲にタトゥーをしてきた。文字のような、何か曼陀羅を思わせるような神秘的な模様だ。場所が場所だけに「痛そうだねぇ」というと、「痛いぜ。でもお守りだから」とニヤリ。まぁ、コワモテの中年おじさんなので、まさかファッションで彫ったとは思わないけど、お守りの意味が込められていたんだね。

こちらではポイント的なタトゥーをわりとみかける。日本みたいにガッツリ彫ったのはあまりなくて、呪文のような護符のようなスピリチュアル系が多いようだ。トラなどの動物を組み合わせている場合もあるが、和彫りのような「カラーの濃淡」は稀で、どれも紺一色、なんとなくにじんでみえる。そのにじみ具合がまた神秘的にみえたりする。

こういう痛いものとは無縁の我が夫だが、よくよく問いただすと、実は高校生の時に背中一面にタトゥーを入れたという。「えーっ!影も形もないじゃん!!」と驚くと、「透明のを入れたから」と。そんなのただ痛いだけ、何の意味があるのかと聞くと、やっぱりお守り、魔除けの意味があるとのこと。なんでもお寺で、聖なるお坊さんに、聖なる針と聖なる油を使って、パワーを込めて彫ってもらったらしい。タイのお坊さんは彫師も兼ねていたのだ。

仲間内5人くらいで入れたらしいが、中には色付きのタトゥーにした友人もいたそう。でも夫は、「タトゥーがあると公務員になれない」ときいて、無色透明にしたという。結局、一度も公務員にはなってないけどな。
そして、みんなでわざわざ痛い思いをしにいった理由だが、ずばり「ケンカに勝つため」。街でライバル校の生徒に不意打ちくらっても、「聖なるタトゥー」が守ってくれるというわけだ。タトゥーに頼る時点で負けだと思うがな。

ちなみに、今では彫師を兼ねたお坊さんは激減しているとのこと。私は入れるつもりはないけど、何となく寂しく感じる。
プロフィール

pukeyome

Author:pukeyome
ぷけ嫁
結婚のため2000年末から定住。翌年からネットで「ぷーけっと嫁 入り日記」開始。犬猫に囲まれた南国インドアライフを満喫中。このブログはプーケット無料日本語ガイド・プーケットウォークに連載中の特別バージョンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。